So-net無料ブログ作成
検索選択
文学作品 ブログトップ

「やまなし」 一、五月の冒頭 [文学作品]

やまなし+かに.jpg
水彩 ウォーターフォード(333×242) 合成・加工:Fireworks Photoshop

 二疋の蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。
クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
『クラムボンは跳(は)ねてわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
 上の方や横の方は、青くくらく鋼のように見えます。そのなめらかな天井を、つぶつぶ暗い泡が流れて行きます。

宮沢賢治 「やまなし」より

やまなし (画本宮沢賢治)




にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ パソコン絵画へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「草枕」石段のくだり [文学作品]

石段のくだり.jpg
水彩 Photoshop

石段を登るにも骨を折っては登らない。
骨が折れるくらいなら、すぐ引き返す。

一段登って佇むとき何となく愉快だ。
それだから二段登る。
二段目に詩が作りたくなる。

黙然として、吾影を見る。
角石に遮られて三段に切れているのは妙だ。
妙だからまた登る。

仰いで天を望む。
寝ぼけた奥から、小さい星がしきりに瞬きをする。
句になると思って、また登る。

かくして、余はとうとう、上まで登り詰めた。

夏目漱石 「草枕」より

草枕 (岩波文庫)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
文学作品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。